ついつい溜まりかちな紙袋の再利用方法

subpage01

ブランド品を購入したり、セレクトショップなどで買い物をするとついてくるのが紙袋です。

ブランドのロゴが入っていたり、凝ったデザインだったりするとつい捨てるのが勿体なくなって、溜め込んでしまいがちです。


紙袋が入った紙袋がいくつもあって場所を取ったりしているとそれこそ勿体ないので、整理して再利用しましょう。


まずは、これは絶対取っておきたいもの、出来れば取っておきたいもの、大きさやデザインがそろっている物、まあ捨ててもいいかなという物に分けましょう。


まあ、捨ててもいいかなという物は金具などを外してシンクの三角コーナーの替わりにしましょう。



可愛いと思って取っておいたものですので、掃除が必要な無機質な三角コーナーよりは料理をしていて目にすると気持ちが上がりますし、そのまま捨てられるのがメリットです。


大きさやデザインがそろっているものは高さを内側に織り込んで調節して、引き出しの収納に再利用しましょう。キッチングッズの入った引き出しは散らかり気味ですので中に入れて仕切りにすればすっきりします。

ガジェット通信についての情報を簡単に探すことができます。

ランジェリーや靴下なども色分けしてしまえば引き出しを開けるたびに可愛い袋が目について楽しいですし、片付きますので一石二鳥です。

出来れば取っておきたいものはティッシュボックスケースや街頭で配られるティッシュケースにリメイクしましょう。



また、ブックカバーやレターパックなどにリメイクしても楽しく使えます。


絶対に取っておきたいものも量が多い場合は人にプレゼントする時に利用したり、サイドバックとして利用して、ほころびがでてきたら次のものにバトンタッチするようにすれば、溜ってしまうのを避けることが出来ます。